今日からできるアサーティブ・コミュニケーションのトレーニング方法

アサーティブコミュニケーション

職場やプライベートの人間関係で悩んでいるあなたにとって、まさに必見の情報です。仕事上も生活を送るうえでも絶対に欠かせないコミュニケーション。

会議で反対意見をどう伝えるべきか、部下をどのように注意すればいいのか、自分が言ったことばで図らずも相手が傷ついてしまった、……などコミュニケーションにまつわる悩みごとや問題が日常的に数知れず存在します。

さまざまな対人関係の亀裂や溝を一気に修復してくれるのが「アサーティブコミュニケーション」です。

ただし長い年月を経て根付いてきたコミュニケーションの癖が大なり小なり誰にでもあります。「アサーティブトレーニング」を通して、まず自分のコミュニケーションの癖や傾向を発見し、あなたに合わせた適切なメソッドを繰り返し実践していきましょう。

目次

①復習も兼ねて、「アサーティブ」とはいったい何でしょうか?    

コミュニケーションには「話す」と「聞く」の2面があります。基本的によいコミュニケーションとは、「話す」「聞く」のバランスが絶妙に取れている状態です。

「アサーティブ」も同様に、相手と自分のバランスに偏りのない理想のコミュニケーションと言えるでしょう。

もともと英語の「assertive」は、直訳すると「主張のはっきりした、断定的な、自信に満ちた」という意味の形容詞です。

1949年出版の精神医学の本に記された「自己主張」というカウンセリングの用語でしたが、1970年頃に盛んになったアメリカの公民権運動を経て、現在の定義に発展してきました。

「自分も相手も尊重して、相手を傷つけずに、自分の気持ちや考えをその場にふさわしい方法で伝える」のが、アサーティブコミュニケーションなのです。

②アサーティブコミュニケーションの際に必要な4つの考え方

自分にとっても相手にとっても心地よい「アサーティブコミュニケーション」には必要不可欠な4つの心得があります。しっかり心に留めておきましょう。

・誠実  … 自分に対しても、相手に対しても嘘をつかない
・率直  … 相手に気持ちや要求を伝える時
・対等  … 相手も自分も尊重し、立場の違いや力関係に影響されない
・自己責任… 言ったことも、言わなかったことも自分で引き受ける

さらに、アサーティブトレーニングを進めるにあたって、大切なポイントが次のとおり3つ挙げられます。

アサーティブのpoint①同じ言葉でも受け取り方は異なる

同じことを言われても人によって解釈の仕方が異なります。「着痩せしていいね!」と褒めたつもりが、相手はショックを受けるかもしれません。着痩せして見えるのが本人にとって悩みだったり、短所だったりすることもあるからです。

受け取り方や感じ方は人それぞれ違います。心理学では「認知バイアス」と呼ばれていますが、その人のキャラクターやこれまでの生き方などによって大きく左右されます。

自分と同じ感性/価値観だと錯覚して接すると、大きなズレを生じるので、くれぐれも注意が必要です。十人十色だと認識したうえで、自分の先入観で決めつけず柔軟に対応するようにしましょう。

アサーティブのポイント②相手を理解することに努める

よい人間関係を築くには、お互いに信頼できることが土台となります。信頼を得るためには、相手を理解することが第一の条件です。

【相手を理解するためのステップ】

  1. 相手を好きになる
  2. 相手に関心を持つ
  3. 相手の性格/価値観を知る
  4. 相手の状況/気持ちを知る
  5. 相手の立場を知る

相手をすべて理解することは簡単なことではありません。決して独りよがりにならずに、まずは相手ファーストで考える習慣を持ちましょう。

アサーティブのpoint3自分自身のコミュニケーションのタイプを知る

ビジネスや日常生活であなたはどのようなコミュニケーションを取っていますか?最初にあなた自身のコミュニケーションスタイルの現状を分析することから始めましょう。

【質問】 あなたは有名なお店に入るため行列に並んでいるとします。知らない人があなたの前にいきなり割り込みをしてきた場合どのように対応するか、次の選択肢から選んでください。

A  大声で非難する。怒りを表す。
B  何も言わない。心の中で怒りを感じる。
C  列に並んで順番を待っていることを伝え、後ろへ並ぶよう促す。

【Aを選んだあなた】→ 「アグレッシブ」タイプ
はっきり自己主張する攻撃型です。相手の感情・意見や立場を考慮しないで、自分の意見や気持ちを優先してストレートに伝えます。意に沿わないことや不正に対しては、攻撃的な表現で優位に立とうとします。自分の要求を押し通し反論を認めないため、周囲が萎縮してしまいがちです。

【Bを選んだあなた】→ 「ノンアサーティブ」タイプ
いつも控えめで受け身モードの非主張型です。自分より相手を優先してしまい、自己主張ができません。言い争いや衝突を極力避けようと、いつも周囲を気にし過ぎていて、不満やストレスを抱えがちです。相手から頼まれると嫌と言えない性質で、自分の気持ちや意見を表出できないまま、曖昧な言い方や態度になってしまいます。誤解される恐れがあるので要注意です。

【Cを選んだあなた】→ 「アサーティブ」タイプ
「アグレッシブ」と「ノンアサーティブ」のいいとこ取りです。自分の気持ちや意見を的確に伝えると同時に、相手の気持ちや意見を尊重できます。TPOに合った表現を選んで話せるので、相手との関係が良好に保てます。たとえ意見が対立したとしても、建設的な話し合いが可能です。

理想のコミュニケーションである「アサーティブ」に近づくために、今から実践的なトレーニングをスタートしてみましょう。

②アサーティブコミュニケーションを身につけるために知っておきたい3つの知識

「アサーティブコミュニケーション」に必要な表現方法を身につけるための訓練を「アサーティブトレーニング」と呼びます。トレーニングは、一回で留まらず、継続的に毎日実施することで絶大な効果が上がります。まずはファーストステップとして、「アサーティブ」になるための基本の三つの柱を学びましょう。

アサーティブコミュニケーション①「Iメッセージ」と「Youメッセージ」

「Youメッセージ」とは「あなたメッセージ」のことで、主語が「あなた」で始まる文章だったり、「あなた」をどこかに入れる話し方だったりします。

「あなたが悪い」「あなたが間違っている」など相手を非難/否定するような表現になる可能性が高く、世間でよく耳にする愚痴のようにも聞こえてしまいます。

逆に、「〜してもらえると、私は安心できます。」と立場を変えて表現すれば、とても感じのいい表現になります。「私」を主語にした「I メッセージ」に切り替えるだけで大きくイメージアップします。自分の気持ちや感情を単に述べている文章だから、まったく命令口調に聞こえません。 自己主張をしていながら相手に選択権を委ねる言い方なので、ソフトな印象を与えます。

会話をする場合は、基本的に「I メッセージ」を用いるようにしましょう。「Youメッセージ」はあくまでも最終手段としてキープしておきます。

アサーティブコミュニケーション②DESC(デスク)の方法

アメリカの心理学者が提唱したコミュニケーションの展開手法です。

自己主張を次の4段階に分けて行うと、相手を傷つけずに自分の意見や考えを伝えることができます。管理する立場の人にも、管理される立場の人にとっても非常に有効なコミュニケーション法です。

描写(Describe)
・客観的な事実のみ
・具体的に描写 … 状況や相手の行動について
・自分の感情、相手への評価や推測は含めない

表現(Explain)
・「描写」で述べる事実に対し主観的な意見を伝える
・感情的/攻撃的な言葉遣いは避ける
・誠実に率直に自分の気持ちを伝える

提案(Specify)
・問題点について解決策を相手に提案
・丁寧に
・提案/依頼口調で
・具体的に …自分が何を求めているか

選択(Choose)
提案に対し相手がYESかNOか判断
自分の行動の選択肢を用意して柔軟に対応

では、アサーティブコミュニケーションの基礎である「DESC」を具体的に実践した内容を紹介します。
例えば、待ち合わせに遅れてきた友人をイメージしてみてください。アサーティブコミュニケーションのトレーニングだとしたらどんな言葉をかけますか?少し考えた後に、下の文章を読んでみてください。

【DESCのよい例◎】
描写「あなたは待ち合わせに15分遅れてきました。」
説明「時間になっても来ないから、会えないのかと思って不安になりました。」
提案「遅刻しそうな時は、わかった時点で早めに連絡してくれませんか。」 
選択「連絡してくれたら待っています。ただ連絡がなければ帰ります。」

2-3:事実と感情を分ける

事実は客観であり、感情は主観です。事実と感情を混ぜて考えると、どうしても本筋が見えなくなってしまいます。結果、正しい判断ができず、意図しないコミュニケーションに至り、大切な人間関係を壊してしまうかもしれません。

事実と感情を別物として捉えるようにしましょう。事実を客観的な目で見つめ、そこに湧き起こる感情も冷静に観察すれば、次に自分は何を望むのか、どんな行動を起こせばいいのか自ずと道が見えてきます。

自分の感情や気持ちだけを追いかけると、振り回されてしまうのがオチです。常に他者の目を持ち、自分を外から眺めるようにしましょう。

③アサーティブの技法を利用するために併せて必要なスキル

「アサーティブトレーニング」とは、うまく自己主張できない行動パターンを練習によって変えていき、自他ともに尊重するコミュニケーションを実践できるようにしていく訓練です。トレーニング効果を一層高めるには、下記3つのスキルを鍛えることが望まれます。

3-1:感情のコントロール

感情は人を動かす力を備えています。行動の原動力になるのが感情です。感情は自分次第でプラスにもマイナスにも影響します。

感情を味方にしてうまく活用すれば、一から物事を創り出したり、困難な状況でも立ち向かうことができたりします。他方、怒りや嫉妬などのネガティブな感情は悪い方向へ転がり、人間関係を悪化させる一因となりかねません。

では、どうしたら感情をコントロールできるか、大切なポイントを3つまとめます。

自分の感情に気づく… 不安? 怒り? 劣等感? 恐怖? 焦り? 憎悪? など
自分の感情をありのまま受けとめる… 否定も肯定もしない
自分の感情をいったん整理する… 可視化する(メモや日記)、誰かに話す

何より自分で自分の感情に気づけるかどうかが鍵を握っています。今どんな気持ちなのか、自分ときちんと向き合う必要があります。

3-2:質問力

不明点や疑問点の答えを問う力のことです。質問することで、二次的作用として互いの視野を広げたり、理解を深めたりする効果も期待できます。また、情報収集、問題解決や信頼関係の構築などメリットが多々あります。実際にコミュニケーションを取る際は、ニーズに応じて次の質問のタイプをうまく駆使してみましょう。

クローズドクエスチョン(YES/NOクエスチョン)

・明確な答えが決まっていて、限定された範囲で答えてもらいたい時
「はい」、「いいえ」、「AかBかC」

いわゆるYES,NOクエスチョンの場合は、どんなシーンで活用できるのでしょうか?

・相手に決断をお願いする場合
・早く回答がほしい時
・初対面の人向き

オープンクエスチョン(疑問詞クエスチョン)

・5W3H(when,where,who,what,why, how, how much, how many)
英語ばかり…と一瞬焦りませんでしたか。具体的には下記のような単語を意識して質問をすることによりアサーティブコミュニケーションの習得にもつながります。相手に言っていることが伝わらない!と思った時や何を言いたいのだろうか..と迷ったときにおすすめのフレーズです。

when..いつ
where…どこで
who..誰が
what..何が
why..どうして
how..どうやって
howmuch..いくらで
houw may..どれぐらい?

自由に答えてもらいたい時やいろいろな意見を聞きたい場合にも利用をすることができます。

3-3:積極的傾聴

相手を理解するためにはよく「きく」ことが大事だと言われます。「聞く」「訊く」など思い当たる漢字はいくつかありますが、「アサーティブコミュニケーション」では「聴く」がベストです。

相手に対して積極的に耳を傾けて「聴く」ようにしましょう。 話し上手は「聴き」上手です。 無理に話そうと頑張らなくても、「聴く」力があれば自然と会話が弾みます。

【「聴き」上手になるコツ】
熱心に聴く
最後まで聴く… 話の腰を折らない
頷く/相槌を打つ
相手の目を見て
感じのいい表情で
質問をする… タイミングよく

④アサーティブトレーニングはどこで行うことができますか?

「アサーティブコミュニケーション」は、もともと人間関係の構築が苦手な人を対象に開発されたカウンセリング法です。

自分も相手も大切にする自己表現法を練習する「アサーティブトレーニング」ですが、関心がある方はぜひ学んでみてはいかがですか?

学ぶアプローチはいくつかありますが、まず手始めとして広く浅く知識を得たいなら⑴、短期で専門的に学びたい場合は⑵をお勧めします。あなたにピッタリの本格的なトレーニングをご希望なら、⑶がベストチョイスです。

アサーティブトレーニングの方法①本や動画で学ぶ

まずは、本や動画を利用して自分でアサーティブコミュニケーションを学ぶ方法です。関連する書籍が海外でも日本でも相当前から多数出版されていますので、書店や図書館で必ず入手できます。急いでいる方は電子書籍でもOKです。

もしも取りあえず先に情報収集して広く浅く知識を得たい場合は、心理学やビジネス関係のサイトやブログを自分で探してみるのもいいでしょう。

アサーティブトレーニングの方法②動画で学ぶ

文字情報が苦手という方については、映像という動く情報がメインの動画サイトを観ることをお勧めします。視覚的にストレートに訴える効果的な学びが可能です。

アサーティブトレーニングの方法③マンツーマンでしっかりと体得

しかし、本や動画だけに頼っていると、数知れない情報に混乱して、自分自身に最適なトレーニング法がわからないまま、結局迷子になってしまう恐れがあります。ここで、2つめの学びのアプローチが必要になります。アサーティブ関連のセミナーやスクールを利用して専門的に学んでいく方法です。

客観的に体系立てたプログラムに基づいて進めるので、あなた自身にぴったりフィットしたトレーニングが実現します。専門のトレーナーから的確なアドバイスをしてもらうおかげで、迷いもためらいもなく、心強く目標への近道を歩むことができます。特に、独学は難しいと感じて一歩踏み出せない方は、プロの指導のもと本格的に「アサーティブ」の世界を味わってみてはいかがでしょうか?

⑤アサーティブコミュニケーションを体得して人生を楽しくしましょう

「アサーティブ」とは、相手の気持ちを汲み取りながら、自分の意見を素直に主張できる最高のコミュニケーションです。積極的にトレーニングに取り組めば、自分にとっても相手にとっても快適な状態で意思の疎通が図れるようになります。

これまで苦手意識を持っていたコミュニケーションが、アサーティブトレーニングを積み重ねていくと、気負いなく自然とスムーズに実現できるようになります。「アサーティブコミュニケーション」はあなたの心の財産になります。 

これを機にぜひ身につけて、仕事でもプライベートでも心地よい時間を持ち、豊かで楽しい毎日を送りましょう。「アサーティブトレーニング」のことなら、私たちライフデザインにお任せください。あなたの学びのお手伝いをいたします。

ご予約/お問い合わせはこちら

    お名前(必須)
    問い合わせ内容(必須)
    都道府県(必須)
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ内容

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!